• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「教育」

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

午後15時

image.jpg

今日から通常です、外気温35度、蝉がミンミン・・・。夏空に見えても、立秋が過ぎ、季節は確実に変わろうとしています。空が高く見えませんか?夕暮れになるころは、涼しい風が・・・。日々の細やかな変化に気づくことは、幸運の秘訣と言われています。自然とともに生きている我々は、このわずかな変化に気づけないと、体調がすぐれなくなります。みなさん、いつまでも暑い、暑いと言って、冷たいものを過剰に摂取しないように!

基本作業で慎重に安全に、荷扱いして、いいスタートしてくださいね。

今週の土曜日には、社内フォークリフト研修会が開催されます。積極的に参加して、スキルアップしよう!


作業中

201408041839000.jpg18:30入りの便です。通常と比較し、荷量が多い。柴田さんのときは、なんだか、荷物が多いような気がする。焦ることもなく、丁寧にバーコードでチェックしております。ドラムもパレットもそれぞれボリュームがあるため、荷の移動をして、検品開始。ラップでしっかりと、固定して、積み込みのだんどりです。一点に集中し、手元の作業をよくみていますね!

積み込み始めたときは、まだ夕暮れでしたが、出発するころには、日は沈み、真っ暗です。今日もご苦労様です。

甲陽のドライバーは達人ばかりです。わが社の大事な財産です。

こうしてみなさんの作業を見守っていると、感謝の念が心から生じてきます。いい時間です。

いつもありがとう。


人間学

5回シリーズで勉強に行っています。仕事と人生に生かす易経のことばって言うんです。参加者40名くらい、おそらく、経営者が多そう。以前から関心があったので、参加を決めました。易経は東洋最古の書です。すべてたとえ話です。すり合わせて読むとわかりやすいようです。易とはわかるという意味です。易経には、大自然から学べ!!と書かれています。時中(じちゅう)、その時にぴったりあたるという意味です。中するとは、解決策の意味です。時流とは違います、時流にのるもは、時流によって滅びると言っています。乾為天(けいいてん)というお話を読んでいます。元亨利貞(げんこうりてい)という言葉が出てきました。これは10年前くらい、境野先生にいただいた額に書かれていた言葉で、今回改めて奥深く理解できました。元とは、物事の始まり、亨とは、通じる、利とは、収穫、実り、貞とは、正しい、実りが正しいものであれば、それを堅く守られていくという意味です。偉大なる天の働きに従って、正しく行うならば、万事順調に進むことを教えてくれています。春夏秋冬にこの四文字(元・亨・利・貞)はあたります。陰陽論・禅の思想など、すべて、易経からきたものであることがわかってきました。興味深いお時間です^^、学んだら実践です。次回も楽しみ♪


パトロール真っ最中

201407251836000.jpg暑い中、お疲れ様です。半ドラムを積み込むところです。路面の状況を確認しながら、移動しています。段差があるため、慎重にバック走行しております。移動中も安定性を確認していますね!フォークリフトの運行速度は適切です。問題なし^^

原 祐二さん、いつもありがとうね○^^○

継続は力なり、本物の力をつけるには、同じことを繰り返し繰り返し続けていく必要があると、易経の書物には記されています。日々邁進し、手応えをつかみ、充実感をともなって実践していくことを、終日乾乾(しゅうじつけんけん)と言います。これを繰り返し、反復継続することで、物事の道が大きく開けていくことになります。

終日乾乾していこう!


見てわかる

人は逢って、握手するだけで、その人の健康状態がわかるんですって。皮膚は腸の鏡、目は肝臓の鏡、舌は胃の鏡、手は腎臓の鏡だそうです。なるほど~と思いました!

昨日、渋滞でずっと観音扉に日本のやまと豚?とか書かれた岩手県ナンバーのトラックの後ろを走行していたんです。その時は何も感じることはなかったんですが、道が渦巻き状態になって(大橋ジャンクション)、トラックの側面が見えたら、なんと、ブータが乗っています^^。耳が見えたり、鼻が見えたり、かわいい~、でもよくよく考えたら、売られにいくんですよね。あ~あ、お金持ちなら、そのブータを買ってあげて、殺されなくってすむのに・・・と思うと、寂しいなぁ。。。と。人間みたいに生産活動ができれば、殺されなくってすむのにね。そんなことを考えているうちに、渋滞が解消され、ブータを乗せたトラックは、あっという間に見えなくなった(スピードアップ)。心がどんよりしてしまったーー:

そんなこともあるせいか、私はあまり、いや、ほとんどブータを食べません。


おみくじ

今年のお正月におみくじを引きました、なんと毎年いい運勢なんです^^。「待人」のところに、来る 早いでしょう・・・楽しみにしていたら、やはり 来た!! こころをすなおにし身持ちを正しくすればますます運よろしく何事もおもうままになるでしょう 欲をはなれて人のためにつくしなさい とあるので、今年後半 肝に銘じて精進しようと思います。お財布に大事にいれています。○^^○


本を読んで・・・

「医者を見放し病院とさようならをして、ガンを治した」(ウチヤマ出版)を読んで、ガン発症のメカニズムは、生き方に無理や無駄があるからで、無理してストレスがたまっていると感じる人は、なぜ無理をしなければならないのかをよく考えてみることだそうだ。生き方が間違っていると、体が悲鳴をあげます。自分の能力以上のものを要求し、自分の体力以上の労力を使い、自分の体を自ら酷使してきた代償ではないかと、この著者は伝えています。あらゆる病気を治すのは医者でもなければ薬でもありません。自分自身なのです。ただし基本は気持ちを変え、食事を変え、そして環境を変えなければならない。ガンの早期発見はガンの死亡率を高めるだけで、何もしないことが最高の医療だとも言われています。現在の治療法は体を痛めつけるだけだと。玄米・雑穀をよく咀嚼し、噛めば噛むほど、唾液が分泌され消化を助けます。ガンになったら、1年くらいは、玄米雑穀を中心に味噌汁・たくあん・梅干しだけが良いと言われています。良い血液が良い細胞を作り、悪い細胞は良い細胞に変化し、自然に消滅し治癒します。医食療法は細胞を作りかえることです。前向きに、明るく元気に行動するように心がけたいです。まじめに医師の言いつけを守る人ほど、健康から遠ざかります。自分の体は自分が一番よく知っているのです。あらゆる面で依存心が強くなり、他力本願の傾向が強くなってきているので、医者や薬に頼らないことです。著者の野澤さんは、ガンに感謝、病気にお礼と言っています。二年後にはすっかりガン細胞は体から消えたそうです。過剰検診や過剰診療により、自ら病人にはならないよう、十分に気を付けたいです。経験されたかたの本は、わかりやすいです。二人に一人がガンになる時代が、もうすぐ、一人に一人がガンになる時代と言われています。学んだら、実践で賢く生きたいです。


リスクアセスメント

DSC_0717.JPG

先週の土曜日

班長会議で実施したリスクアセスメントでの1枚!

笑いあり、涙はなかったが皆様真剣取り組んでいる姿勢があります!

 

やっと画像アップもできるようになりました!

日々の活動をお送りしていきたいと思います。(S)


パトロール

ひと月前から、お客様先にて、現場パトロールを開始しております。「私にもできるシート」を作成して、現場デビュー^^。プロの荷役作業をじ~と・・・、みなさん、まじめに作業されています。さすがプロですよ!何度見ても楽しい時間です。夕方、早朝といろいろな時間に出向いて、観察しております。こちらも彼らに負けない仕事力を磨いて会社をよくしていきたい、そんな緊張感のある今日この頃です。


HP

お久しぶりです!旧版になってしまい、ブログを更新できませんでした。もう6月最後なんですね~。みなさん、仕事の成果はいかがでしょうか?こちらは、なかなかPDCAがうまくいかず、今月から、体制を変更しています。有効性をしっかりと見て、結果に結び付けたいと思っております。鈴鹿も埼玉も閉鎖したので、HPを新しくしましたので、お時間のあるときにのぞいてください^^。

 


前の10件6  7  8  9  10  11  12  13  14  15  16

ページの先頭へ