• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「教育」

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

ちょっとメモ

新年の準備をすすめていらっしゃることでしょう。

鏡餅や輪飾りなど、新年を迎えるための飾り物は30日までに。29日は「苦(く)飾り」 31日は「一夜飾り」といって嫌われます。

大晦日には年越しそばを食べて、一年を締めくくります。その由来には諸説ありますが、そばのように細長く、健康長寿を願う縁起物。うどんを食べる地域もあります。

体調管理に注意して、元気に新年を迎えましょう。


過ちを改めよ

子曰く、過ちては則ち改むるに、憚ることなかれ。

過ちを犯した場合、大切なのはそれをどのように改めるかである。

それを怠ると、同じ過ちをくりかえすという過ちを犯してしまう。

改めることに躊躇するな。

心の内で自分のことを責めなかったり、反省しなかったりすると、過ちを犯したこと自体が十分にその人の心に、刻みこまれないので、ついまた同じ過ちを犯しやすくなる。

優れた人は、同じ過ちを二度重ねることはしません。


お能

お能のおもしろさってなんだかわかります?一見のろのろとした歩き方や舞の手振りが深長な趣を表現し、心の奥深くにあるなにか(魂?)に触れる感じがするのです。そぎ落とされた動きが、幻想的で、時間を超越した空間に連れて行ってくれます。なにもわからず鑑賞を始めましたが、それなりに楽しめます^^。昨年の夏ごろから、ちょっとしたご縁で見始めたんですが、舞台には、何もない「無」の空間に、見ている側の想像力を膨らませてくれます。時空をこえた神秘的な世界ですよ。人によってはあれほど退屈な時間はない、と言う方もいらっしゃるようですが、感動と美感を与えてくれます。

 


有終

易経の最終講座は、君子に終わりあり~有終の美というタイトルでした。主に地山謙(ちざんけん)のことばという項を中心に学びました。謙虚さを持続したならば、志は通る。繰り返し繰り返し「謙虚」を語っている項です。講話の最後に先生が、理不尽さが人を育てる、わからないから、知りたくなり、学ぶから成長する、これを困学(こんがく)と言われていた。確かに、わからないから、わかりたくって、勉強をする、わからないことが、どれほど、いいことか?なんでもわかったら、学ばないんでしょうか?いや、謙虚であれば、精進しますね。これでいいと思ったら、成長は止まるんでしょう。易経一日一語を復習し、自己を高めていきたいです。


12月の風景

201411301704000.jpg                         自宅のクリスマスツリー

27年目をむかえる我が家のツリーです。飾りがいっぱいで、モミの木が見えません(笑) 毎年飾っていた電気が今年は壊れてしまったんで、LEDの電気に代わりました。今風ですよ~、一つの電気が何色にも変わります。それが同時に点滅するので、とってもキレイ!! 電気だけはこれで三代目です。LEDなので当分大丈夫でしょう。○^^○


ざくろ

みなさん、ざくろって食べたことありますか?珍しいと思って購入してみました。ちょっと硬い皮を包丁でやさしく傷つけてむくと、白い皮の間に粒粒の赤い実がぎっしり。お水の中で丁寧にこの粒粒を取り出します。かわいいくらい大量に赤実が取れました。食べてみると・・・甘酸っぱい^^、そこで効能を調べてみたら、少量とることで、血行がよくなり、体を温める、冷えによる関節や筋肉の痛み、しびれによいと記されています。のどの炎症を改善するなど効果は大。また見つけたら買ってみようと思いました!


低血圧

最近は高血圧症って言えば、お薬で・・・という治療です。若いかたの中にも食生活のせいか、高血圧症の人が多いらしい。脳梗塞や心筋梗塞の原因になるから注目されている。一方低血圧症の治療ってあまり聞かないですよねーー:。低血圧だと、一般にめまい・頭痛・肩こり・食欲不振・胃のあたりの不調・手足の冷えなど自覚症状があります。すぐに死ぬような病ではないが、人生の中身は薄くなるようです。筆者もなんとずっとずっと低血圧症です(涙)。以前人間ドッグでドクターに、「こんな低血圧でよくそんな毎日を送れますね、私なら死んでますよ」 トホホ・・・なんかいい健康法ないですか~。


11月の風景

201411121225000.jpg                                                           秦野市内


積み込み

201410291752000.jpg秋の日は釣瓶落とし、一気に日が落ちてしまい、真っ暗です。ちょぴり風も寒いです。丁寧に丁寧に18パレしっかりと積み上がり、ウイングをしめようとしているところです。約束事を一つひとつさりげなくこなしている姿は、まさにプロだね。積小為大とはこのことだ。時間をかけて育ったものは、堂々としていて魅力あります。右端にいるドライバーは井澤聰さんです。^^いつもありがとう。


易経

第四講を受講してきました、今回は「進み方と止まり方」というタイトルです。昇る太陽のようにスピード感のある進み方・時を待って進み、環境や人に逆らわない進み方・時間がかかるが、段階を経て、順序正しく段々進み、休まずゆっくりと着実に進む方法の3つを習いました。どれもその人間の生きざまをあらわしています。どの道も時中していればうまくいくのです。春雷は理にかなっているが、秋雷は時を間違えている。進みはよくても、地位や権力を貪る者は組織全体を暗くし、後進を阻むとか。自分だけが昇るのではなく、応援者がこの人に昇ってほしいという力を蓄えなさい。積小為大の精神で根をしっかりとはって、時間をかけて伸びなさいなど、進む中に止まるがある教えでした。竹の節に習った教えなど、ためになることがいっぱいでした。ただ我慢すればよいと言っているのではなく、進むべき時には進みなさい!!止まることには知恵がいるんですよ~ですって。愉しい時間でした○^^○


前の10件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページの先頭へ