• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「教育」

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

印象に残った言葉

先日第三回目の易経の講座を受講しました。そのなかで、「なんじの霊亀を舎て、我を観て、頤をたる、凶なり」の言葉に大変力がこもった印象を受けました。世の中、なんとこれができない人が多いことか!!だから、どんなにいい言葉を勉強しても無駄になるんだと・・・。ーー: 人間は一人ひとりの中に霊亀(れいき)をもっており、霊亀とはとんでもない価値のあるもの、神器といってもいいものだそうです。我を観てとは、とてつもなく恵まれた人と例えるといい。頤(おとがい)をたるとは、ほしくてほしくてよだれがたれるほどほしいという意味。凶なりとは、一生をふいにするよ。と解釈するとわかりやすいです。先生があまりにも真剣に時間をとって、説明されたんで、怖くなるくらい印象的でした。教訓にしたい言葉です。


今が旬の栗は、胃腸を温め、消化機能を助ける働きがあります。滋養強壮効果があり、大病をしたあとや、胃腸の弱い人にも適しています。疲れや足腰のだるさを解消する働きもあります。我が家は、栗ごはん・焼き栗にして楽しんでいます^^。焼き黒はおすすめ♪、みなさんもぜひ旬を楽しんでください!!


作業中

image.jpgただいま、ラップを巻いて荷崩れ防止をおこなっています。フォークリフトバック走行ヨシ!!周囲の状況を確認し、指差呼称ヨシ!! 本日もちあきさん、ありがとう^^

よき習慣を身に着け、一人ひとりが一隅を照らしていけば、いい会社になるね。


苦しみを楽しむ

険の時用大いなる哉 (坎為水)

坎為水の「坎」「水」は険難・苦難を表します。壮絶な険難が度重なる時である。険難という時は用い難いが、あえて用いて学ぶことを「時用」といいます。これは人生において絶大な効用があると教えています。孔子は「論語」の中で「知者は水を楽しむ」と説いています。「苦しみを楽しむ」など非常なる苦しみの渦中にあっては考えられないが、逃げずに乗り越えた後に振り返れば、あの苦難は大いなる時であったとさえ思える、と易経はいっております。一難去ってまた一難、はじめての苦労が一番きついものです。信念をもって貫いていきたい。

 


社内フォークリフト講習会

皆様、夏バテは如何でしようか?

先週の土曜日に行われた社内フォークリフト講習会の一幕です。

DSC_0945.JPG

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日は座学(立ちながらですけど^_^;)を実施。

過去のトラブルについて話し合いました。

また、わが社のルーキー片平さんも参加していたので実演交えたトラブル状況を。

ルーキー以外からも「こんなことになるんだぁー、知らなかった」・・・

しっかり再発防止対策が周知徹底されていない結果が・・・反省です。

 

気を取り直して実技、講師は原田さん、関野さん。

講習毎に各乗務員の緊張した面持ちが見れるのが楽しいのです!

操作している者、見ている者、みんな真剣です!

そして自然に自由に指摘が出て来る!よい状況です。

これを継続して行きたいと思います。

 

さて、来月の予定は、乗務員から要望ございましたリーチフォークの講習会を行います。

 

それではまた(^_^)/~『夏バテ』ってなんですか?の【S】でした。


講演

24日日曜日に、ご夫婦でがんにかかり快癒された方の講演会に行ってきました。奥さまは乳がん、ご主人は前立腺がんでした。病気と熱心に向き合い、食生活を改善し元気をとりもどしています。奥様がさきにガンになって、自然医食に取り組み克服されました。ガンになるまでの生活を振り返って、自分の体力以上のことを、ご自身に要求していたことが、大きな原因だったと。精神的なストレスが体の負担にならないように、また食事も玄米中心に気の高い食品を摂取し、ゴルフも月に2、3度されているようです。いまでは、ガンになってよかった、と思えるほど、食生活が変わることにより、人に思いやりをもつことができるようになって、考え方が変わったと。感謝の気持ちをもつことが、病気の治療に大変良いと本で読んだことがありますが、やはりそのようですね。とってもためになるいいお話でした^^


午後15時

image.jpg

今日から通常です、外気温35度、蝉がミンミン・・・。夏空に見えても、立秋が過ぎ、季節は確実に変わろうとしています。空が高く見えませんか?夕暮れになるころは、涼しい風が・・・。日々の細やかな変化に気づくことは、幸運の秘訣と言われています。自然とともに生きている我々は、このわずかな変化に気づけないと、体調がすぐれなくなります。みなさん、いつまでも暑い、暑いと言って、冷たいものを過剰に摂取しないように!

基本作業で慎重に安全に、荷扱いして、いいスタートしてくださいね。

今週の土曜日には、社内フォークリフト研修会が開催されます。積極的に参加して、スキルアップしよう!


作業中

201408041839000.jpg18:30入りの便です。通常と比較し、荷量が多い。柴田さんのときは、なんだか、荷物が多いような気がする。焦ることもなく、丁寧にバーコードでチェックしております。ドラムもパレットもそれぞれボリュームがあるため、荷の移動をして、検品開始。ラップでしっかりと、固定して、積み込みのだんどりです。一点に集中し、手元の作業をよくみていますね!

積み込み始めたときは、まだ夕暮れでしたが、出発するころには、日は沈み、真っ暗です。今日もご苦労様です。

甲陽のドライバーは達人ばかりです。わが社の大事な財産です。

こうしてみなさんの作業を見守っていると、感謝の念が心から生じてきます。いい時間です。

いつもありがとう。


人間学

5回シリーズで勉強に行っています。仕事と人生に生かす易経のことばって言うんです。参加者40名くらい、おそらく、経営者が多そう。以前から関心があったので、参加を決めました。易経は東洋最古の書です。すべてたとえ話です。すり合わせて読むとわかりやすいようです。易とはわかるという意味です。易経には、大自然から学べ!!と書かれています。時中(じちゅう)、その時にぴったりあたるという意味です。中するとは、解決策の意味です。時流とは違います、時流にのるもは、時流によって滅びると言っています。乾為天(けいいてん)というお話を読んでいます。元亨利貞(げんこうりてい)という言葉が出てきました。これは10年前くらい、境野先生にいただいた額に書かれていた言葉で、今回改めて奥深く理解できました。元とは、物事の始まり、亨とは、通じる、利とは、収穫、実り、貞とは、正しい、実りが正しいものであれば、それを堅く守られていくという意味です。偉大なる天の働きに従って、正しく行うならば、万事順調に進むことを教えてくれています。春夏秋冬にこの四文字(元・亨・利・貞)はあたります。陰陽論・禅の思想など、すべて、易経からきたものであることがわかってきました。興味深いお時間です^^、学んだら実践です。次回も楽しみ♪


パトロール真っ最中

201407251836000.jpg暑い中、お疲れ様です。半ドラムを積み込むところです。路面の状況を確認しながら、移動しています。段差があるため、慎重にバック走行しております。移動中も安定性を確認していますね!フォークリフトの運行速度は適切です。問題なし^^

原 祐二さん、いつもありがとうね○^^○

継続は力なり、本物の力をつけるには、同じことを繰り返し繰り返し続けていく必要があると、易経の書物には記されています。日々邁進し、手応えをつかみ、充実感をともなって実践していくことを、終日乾乾(しゅうじつけんけん)と言います。これを繰り返し、反復継続することで、物事の道が大きく開けていくことになります。

終日乾乾していこう!


前の10件5  6  7  8  9  10  11  12  13  14  15

ページの先頭へ