• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「教育」

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

雨水

今日は24節気、雨水です。山の雪がとけて水に変わる時季だという意味でしょう。まさに春のような陽気です。来月の桜が楽しみです!われわれは自然とともに生きているんですね。(#^.^#)


節分

今日は節分。「季節を分ける」と書いて、節分です。豆まきして寒さを吹き飛ばそう!今夜は恒例の豆まきです(#^.^#)。


バス事故

気の毒な事故が起きた。とても残念です(ノД`)・゜・。将来のある若い人たちが・・・我が家にも同じような年の子供がいるんで、ぞっとします。何度見ても寂しい、辛い、気が滅入る。あの格安ツアーは学生が利用します。うちの子も池袋発・新宿発のツアーに参加していました。正直言って、わたしは、いつもいやな顔をしていた。それは今回のような危険があるからです。いつか大事故が起きないといいなぁと思っていた。安かろう悪かろうってこのことです。許可制にして業者の参入をたやすくしたので、このような事故が起きたんだと思う。昔のように厳しくすることを国土交通省には考えていただきたいです。事故がなにを伝えたいのか?こんな惨事になる前に手を打つべきだと思います。


新年

あけましておめでとうございます。みなさまにとって素晴らしい1年になりますようお祈り申し上げます。明日は小寒です、冬の寒さも本格的になる時季です。いわゆる寒の入りで、この日より節分までが、寒の内です。この寒さで生命力やホルモンバランスをつかさどる腎の働きが弱まります。泌尿器に影響をあたえ、トイレに近くなります。黒色食材で腎を養い、体を温めましょう。黒豆・黒ゴマ・黒米がおすすめ(#^.^#) 上手に取り入れて寒さを乗り越えましょう。


年の瀬

森信三先生は、「われわれ人間は、お互いに天の封書をいただいてこの世に生まれている」と言われています。ことしもあと4日です、この一年も大事な勤めをきちんと果たすことができたのか?反省をしているところです。本日も配送のため、社員さんは懸命に仕事をしております。少しでもいい会社にしたい思いは変わりません。何事も実践により智慧が生まれます、今年同様、来年も休まず、歩み続けたいです。皆様の多大なるご協力により、無事に1年を終えられそうです。引き続き新年もよろしくお願いします。(#^.^#)


冬至

これから寒さも本格的になるようですので、「冬至」の今日は、かぼちゃの煮物とゆず湯にはいって、元気で年末年始を迎えたいですね。冬至の日は、新しい陽気が回復する、「一陽来復」の時です。冬至は生じたばかりの陽の力を養い育てる再出発の日という意味で、今後の一年を想う日だったようです。


困学

険にしてもって説ぶ。困しみてその亨るところを失わざるは、それ唯だ君子のみか。

困窮の極みの険難にあっても、乗り切った後の悦びを信じてやり通すことのできるのは、君子だけである。
しかし、どんな人でも困難から学ぼうとすれば、苦しみが何を教えているのか会得できるものである。
これを「困学」という。
苦しんで学べないのは小人であり、小人のままでは困窮を脱することは難しい。    (易経より)


ツリー

201511212045000.jpg今年はツリーオーナメントが増えました、というのは実家の片づけを毎月少しずつはじめたら、なんと懐かしい飾りが、大事そうに箱から出てきました。処分するにはかわいそうなんで、木につるしてみました。このようにモミの木に飾る習慣は、冬至に魔除けとして常緑樹を飾る習慣からきているようです。クリスマスは「家族の祭り」でしょうかね。我が家は今年も大人家族のクリスマスです(#^.^#)


苦悩

メンタルヘルスという言葉はいまや、当たり前のように使われています。ストレスがない人はいません。ストレスによって打ちひしがれることは、やむを得ないことですが、大事なのは、打ちひしがれたときにいかに回復するか?だと思います。夢というか、挑戦するものを持っていると、ストレスを乗り越えることができるんです。そして、心の栄養である読書を習慣にしていきましょう。


招かざる客

「速かざるの客」とは、「招かざる客」と同じ。これは、現在ではめいわくな客人という意味で使用されるが、本来は思わぬ助け手を意味します。困難の極みに陥ると、人はかたくなになり、救済を拒絶することがあります。しかし、本当に困ったときに現れた救いの手は、追い返したり、逃げたりせず、素直に受け入れなさいと教えています。

穴に入る。速かざるの客三人来るあり。これを敬すれば、終には吉なり。 (易経より)


前の10件1  2  3  4  5  6  7  8  9  10  11

ページの先頭へ