• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「教育」

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

暮らし

来月は梅雨入りです。紫陽花の花がきれいに咲く季節です。万葉集に歌われるほど、日本では古くからある植物です。花言葉は、移り気、辛抱強さ、冷淡です。紫陽花が多く植えられている寺院を紫陽花寺と呼ぶそうです。先日箱根の阿弥陀寺に行ってきました。こちらも紫陽花が見事に咲くので、紫陽花寺と呼ばれております。お抹茶をいれていただき、寺内で座っていると、なんともいえない風が吹いてきて、無になれました。一切雑念が浮かぶことがなく、よき時間でした。


言葉

本当に偉大な人・・・私は誰もが見てびっくりするような偉大さというのは、実はさほどたいしたものではないと思う。ちょっと見るとたいしたことない、いっこうに偉そうにも見えないけれども、何かことがあるとそのたびごとに光が出るような人、そういう人が本当に偉いのではないかと思うのであります。若い時に偉そうな人はやはり偉いような感じがします。こちらが成長しておりませんから。やがてどんどん歳をとってきますと、偉そうな人というのはたいしたことがないなと、天ぷらみたいなもので、ちょっと外の皮を落とせばたいしたことないんですね。誰よりも我慢ができる人。誰よりも知識を求めてやまない人。そして苦しい時にも、悠然と笑顔で生きられる人。それが私は世界人だと思うのであります。どうかな?平澤興先生のお言葉です、じ~んと心に来るね~。


器量と度量

器量とは、高い地位にふさわしい対処能力であり、度量とは、自分に対する批判でも聞くべきものは受け入れるという心の広さである。陰陽に分けるとすれば、器量は陽の力で、度量は陰の力になる。現代では能力や実績主義になり、会社のリーダーは器量型が多いといわれる。もちろん器量は大切である。しかし、リーダーの真価が問われるのは、人の能力を活かし、人を育てる度量である。リーダーは、度量という陰の力を育てることを忘れてはならない。易経より。


4月

新年度がスタートし、みなさんいかがでしょうか?希望も夢も志も、大きければ大きいほどいいんだって。それは・・・生きていくうえでのエネルギーになるからです。毎朝のお日様を謙虚に拝むことを忘れずに!!お天道様に恥じない生き方をしたいですね^^。


相田みつを展

先日家族で相田みつを「花はただ咲く」に行ってきました。「ただ」という言葉をキーワードに作品が多数展示されています。何の見返りも求めず、何の駆け引きもなく、命いっぱいに生きていく、そのような純粋な世界を堪能できます。ショップにて「夢はでっかく 根はふかく」が気に入り、色紙を購入し、飾りました。よかったら、覗いてください。○^^○


3月末

毎土曜日に行った年度末研修会が終了した。大きな変化点の損失、大きな事故等いろいろあったが、人は不思議にもそれを乗り切ろうと知恵をだし、前に進んでいく。いいこともあった、それはリーダー会議の充実である、経営者も社員も同じ時間を共有し、あるべき、なるべき方向に進んでいることである。心に思うことは実現します。何を思うか、自由である、創造できるのである。手応えのある結果をだして、輝く会社を着実に作っていこう。希望があるって生きる力になるね!


祝辞

本日はわが娘の卒業式に行ってきました。脚本家大石静さんの祝辞は印象に残りました。人生の9割は苦悩・苦痛で、1割が幸せ・喜びであるという話でした。優秀であるとか才能があるとか以前に「打たれ強い」かどうかで人生は決まると。絶望の裏に本物がある、自分の才能も守れない人には大きな幸せや人生の手ごたえはないという大変リアルな経験値の話。強い心があると他人に幸せを与えることができるとおっしゃっておりました。わたくしにとっても大先輩にあたるかたなので、心にしみました。


安全教育研修会

甲陽は年に4回全員対象で行っております。少人数で教育研修会をおこないたいため、1つの研修を5回にわけておこなっています。座学で学んだことを現場で本人が活かすことで、人は成長します。研修会に参加しただけでは事故はなくなりません、4月から27年度の研修会がスタートします。昨年よりもさらに想いを自分の言葉で表現し、乗務員一人ひとりに浸透できるようにしたい。仕事ができる集団を創造していくために。


花粉症

くしゃみ・鼻水・鼻づまり・目の痒みは花粉症の症状ですよね(~~;胃・腸の弱い人がなりやすいそうですよ!原因は環境、ストレス、食生活らしい。脂肪摂取量の増加や栄養過多は、アレルギー反応を引き起こす物質を体内に多く生産するようです。生野菜・冷たいジュース・アイスクリーム・冷凍食品・スナック菓子・インスタント食品・化学調味料は取りすぎないように!!アレルギーを誘発させないように予防してください。お大事に!!


ツメ

東洋医学ではツメを「筋余(きんよ)」といいます。「筋の余り」、つまり、筋が変化してツメになったと考えるのです。ツメの生え際を、反対側の手の親指と人差し指でつまんで、ギュッと刺激します。2~3分で血行を促せるんです。ツメ揉みは、指ごとに効果的な症状が・・・親指は、せきや円形脱毛症など、人差し指は胃痛、胃潰瘍、下痢など、中指は耳鳴り、難聴など、小指は不眠症、高血圧症、口内炎などによいとされます。1ヵ所10秒ほど揉めばいいそうです。手先は気の出入り口です。自律神経のバランスが回復して、抑制状態にある副交感神経を活性化し、高ぶっている交感神経を鎮めて、肩こり、冷え性、便秘など、さまざまな体の不調を改善したいですね。


前の10件2  3  4  5  6  7  8  9  10  11  12

ページの先頭へ