• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「教育」

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

その3

今日は、たまねぎ、とうがらし、トマトを紹介しましょう。玉ねぎは、4千年も前からヨーロッパでは栽培されています。脳血栓、心筋梗塞、高血圧の血栓病の予防・改善に役立ちます。血糖降下作用・鎮静作用があります。唐辛子は食欲を増進させるアマゾン生まれの香辛料です。そばやうどんにかけて食べると食欲が増し、消化吸収を促進するだけではなく、食べているはなから体が温まり、心身共に気分がよくなります。トマトは、「トマトが赤くなると医者が青くなる」「トマトを作る家に胃病なし」ということわざがあるくらい効果があります。赤色の色素はリコピンで免疫力を強化し、ガン予防効果を発揮します。養生して夏を乗り切ろう!!


その2

今日は「シソ」「生姜」「セロリ」を紹介します。シソは野菜の中ではカロチン・カルシウムの含有量はトップクラス。解毒作用があり、ノイローゼやうつ病、自律神経失調症にも効果があります。生姜は万病に効き、気力・体力・免疫力を高めます。ガンによる痛みで、モルヒネでも効かない患者にショウガ湿布を施すと、鎮痛効果のおかげでスヤスヤと眠ってしまうほどです。「セロリ」は血栓症の予防効果があり、貧血の改善、美肌作り、更年期障害にも効果大です。どれも身近な食材です、食事に取り入れましょう。


薬になる野菜

体調はいかがでしょうか?カボチャはビタミンEが野菜の中ではトップクラスです。ガンをはじめとする万病の一因とされる活性酸素を除去します。きゅうりは皮膚や毛髪の健康に不可欠な成分であるケイ素が多く含まれています。ゴボウは腸内の善玉菌の発育を助けてくれます。大腸がん予防効果があります。今日はこの3つの紹介です。野菜を食べて医者いらずになろうね!


絶えず変化

新しいことを取り入れ、絶えず変化、改革していく、そんな環境の中で、人は伸びていくと思う。高い目標をもって、それに向かっていきたいね。それには心身ともに健康な状態でないと気力も智慧も湧いてこない。常に学んだら実践よ!スピード感をもって対応したい。


暗かったら窓を開けろ

あなた方ねえ、苦労したり、悩んだり、人を憎んだり、怖れたり、悲しんでるとき、気持ちいいですか。あんな嫌な気持ちなかろう。その嫌な気持ちをなぜ心にさせるんだ。喜ばしてやれ。それが心に対するあなた方の義務だ。暗い方面から、嫌な方面から人生を考えりゃあ、世の中に明るさ、何もないわ。暗かったら窓を開けろ。光がさしてくる。(中村天風先生の言葉より)


思い

元気、元気、愉しい、愉しい、と言っていると、人は元気になるようです。言霊の作用ってらしい。愉しいことを考えていれば、愉しいことがやってきます。見えないところでつながっています。引き寄せの法則でしょう。自分が愉しそうにしていると、まわりも楽しいもんなんですよ。


暮らし

来月は梅雨入りです。紫陽花の花がきれいに咲く季節です。万葉集に歌われるほど、日本では古くからある植物です。花言葉は、移り気、辛抱強さ、冷淡です。紫陽花が多く植えられている寺院を紫陽花寺と呼ぶそうです。先日箱根の阿弥陀寺に行ってきました。こちらも紫陽花が見事に咲くので、紫陽花寺と呼ばれております。お抹茶をいれていただき、寺内で座っていると、なんともいえない風が吹いてきて、無になれました。一切雑念が浮かぶことがなく、よき時間でした。


言葉

本当に偉大な人・・・私は誰もが見てびっくりするような偉大さというのは、実はさほどたいしたものではないと思う。ちょっと見るとたいしたことない、いっこうに偉そうにも見えないけれども、何かことがあるとそのたびごとに光が出るような人、そういう人が本当に偉いのではないかと思うのであります。若い時に偉そうな人はやはり偉いような感じがします。こちらが成長しておりませんから。やがてどんどん歳をとってきますと、偉そうな人というのはたいしたことがないなと、天ぷらみたいなもので、ちょっと外の皮を落とせばたいしたことないんですね。誰よりも我慢ができる人。誰よりも知識を求めてやまない人。そして苦しい時にも、悠然と笑顔で生きられる人。それが私は世界人だと思うのであります。どうかな?平澤興先生のお言葉です、じ~んと心に来るね~。


器量と度量

器量とは、高い地位にふさわしい対処能力であり、度量とは、自分に対する批判でも聞くべきものは受け入れるという心の広さである。陰陽に分けるとすれば、器量は陽の力で、度量は陰の力になる。現代では能力や実績主義になり、会社のリーダーは器量型が多いといわれる。もちろん器量は大切である。しかし、リーダーの真価が問われるのは、人の能力を活かし、人を育てる度量である。リーダーは、度量という陰の力を育てることを忘れてはならない。易経より。


4月

新年度がスタートし、みなさんいかがでしょうか?希望も夢も志も、大きければ大きいほどいいんだって。それは・・・生きていくうえでのエネルギーになるからです。毎朝のお日様を謙虚に拝むことを忘れずに!!お天道様に恥じない生き方をしたいですね^^。


前の10件3  4  5  6  7  8  9  10  11  12  13

ページの先頭へ