• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「輸送・配送」 > 2010年1月一覧

ブログ テーマ「輸送・配送」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

新組織誕生

本日、1月21日より新しい組織が立ち上がりました。弊社では冷凍食品の配送をおこなわさせていただいております。冷凍車16台、メンバー20名。関東一円のエリアを網羅しております。そんな中、「品質向上をめざしたい」と自ら立ち上がり配送メンバーを徴集しミーティングを行い提案を上げてきました。

1001211.jpg1001212.jpg

そんな彼らの意思を尊重し今回、配送グループとして正式にチーフ・アシスタントディレクターの任命をし新しい組織が立ち上がり本日より活動を開始いたしました。開始早々ミーティングです「品質向上」を目標に今の状況から洗い出しです。現場を知り尽くした彼らに乞うご期待です!
では、ご紹介をさせていただきます。右側の写真になります。
★チーフディレクター 高久(左側)
◇アシスタントディレクター 深野(右側)
皆様なにとぞ宜しくお願い申し上げます。

配車・配送


真実は一つ

1月14日・16日と同乗監査を実施してまいりました。お客様からのクレームです・・・ここで私が感じさせられた事実とは・・・・全ては人しだいなのです。悪い癖があるならば指摘された時、それを認め、是正をしていただければよいのですが、それをなぜ自分だけがと批判的になり事実を受け止めません、もっとひどい人は手順、決め事を認識しているのにも関わらず実践しない・・・そう、自分本位なのです。私は思います、素直に聞き入れ、それを守る、実行することにより、その方の責任は回避できるのにと、そして認められる人財・信用される人財・必要とされる人財となりうる。自らのチャンスをつかむのは自分自身・逃がすのも自分自身。私が隣に乗っているときだけではこまりますよ、いくら隠しても真実は曲げられません、隠しきれません。誰かが必ず知らせてくれるのです・・・・。

 

                            輸送・配送・品質管理


点呼遂行者プラス

1月13日~15日 3日間 運行管理者基礎講習が開催され、弊社 営業 関戸主任が受講してまいりました。弊社は24時間点呼を実施しており(夜勤は田中副主任)、特に夕方、高橋センター長と大沼2名が事務所にいる際は点呼遂行が順調に運びますが、どちらかが留守の場合、最終配車業務時間帯にドライバーが帰社し始めるため、配車を組みながら点呼遂行となってしまい、配車漏れが・・・関戸主任にも活躍して頂きましょう!3日間お疲れ様でした。(居眠りしてませんでしたか?)   

 

                         輸送・配送・運行管理


連携

本年もよろしくお願い致します。

あるメーカーさんでは12月頃よりほぼ毎日欠品があります。この部品は隣の市にあるエンドユーザー様へお届けするものです。そのため、納品ドライバーさんは朝7時には当営業所を出発しなければなりません。該当部品を積んだドライバーさんには、遅くても 6:30分までには到着し、荷を降ろしてもらってます。降ろしてもらった後、仕分け・確認をして台車へ載せ再確認を行い、伝票処理も行い納品ドライバーさんへトス。トラックに積み込みされ出発されます。

ある日、連絡ミスにより荷が6:40分過ぎても到着しない事がありました。慌てて本社へ連絡を入れ、担当ドライバーさんへの連絡を入れていただきました。納品ドライバーさんは「間に合わないので行きます。エンドユーザー様近くのコンビにで待っているから、後から持ってきて」と言われ出発しようとしたら、到着。しかし、納品ドライバーさんは出発され、後から仕分けされた荷と処理された伝票を積んで追いかけるように待ち合わせ場所へ行きトスしました。納入時間には間に合って良かったです。。この事から、本社への連絡は"欠品報告書"を作成して、ファックスで行うようにしました。また、メーカー様、納品ドライバーさんへは今まで通りの連絡を行っています。

                             鈴鹿営業所


年始早々に・・・V かも

新年明けましておめでとう御座います。今年もなにとぞ宜しくお願い申し上げます。                    自動車関連は1月6日より通常稼動となりました。そんな年始早々に!お客様より携帯に連絡が入り、「新規の仕事が始まるが最初は小ロットのため輸送に困っている、後々には定期便化となる見込みだが、どうしてよいものか御社ではそちらへは行っている?行ってないよね・・・荷姿もはっきり決まっていなし・・・頻度も立ち上げ時は・・・」 ではこのような見積もり方法でこのような輸送でよろしければと、ご提案をさせていただきました。即、弊社 営業へトス、配車も巻き込み只今輸送の実現に向け考案中となっております。今年も、お客様の手となり足となれますよう頑張ってまいります。

 

                         輸送・配送・営業


ページの先頭へ