甲陽物流社長のブログ 同期の桜

ブログ記事検索

ブログトップ > ブカン

ブカン

令和3年、新しい年を迎えましたが いつものように清々しい気持ちにはなれません。中国のバイオテロと言われている武漢ウイルスの感染が完全に終息していないからです。新年の一般参賀も中止になりました。初詣の人出も大幅に減ったようです。初詣は無理に正月に行かなくてもよいのです。一年中、行こうと思えば行けます。またウイルスの変異種も発見され、ますます戦いにくくなっています。私の提案ですが、今年は、コロナ、コロナとしゃれた小惑星のような名称を使わず、ブカン、ブカンと名称を変えればよいと思います。発生地もはっきりわかる。ブカン、ブカンと連呼すれば、人々は恐怖心をもち、フラフラ出歩かないで、自宅で自粛するようになります。(コロナでは、なめられる)。また、今年は、米国の対中政策について、一部メデイアでは、バイデンが中国疑惑を払拭するため、中国が埋め立てた、「南シナ海の人工軍事基地に対する急襲爆撃」があるとも言われています。たぶん無いでしょう。何かと不安定な年になりそうな予感がします。しかし、わたしは運だけは良いので、何とかなると、楽観しています。