甲陽物流社長のブログ 同期の桜

ブログ記事検索

ブログトップ > 国民保護法

国民保護法

涼しい 9月になりました。残暑のない秋の日が続けばよい、と思います。 北朝鮮のミサイル発射や核実験が相次ぎ緊張した日々が続いています。 多くの日本国民は避難訓練と言われても、何をしたらよいのか、わかりません。 「国民保護法」はありますが、あまりよく知られていない。 ただ、誰もが自分の居る場所には落ちてこない、と思っています。 よく左派、リベラルは日本に米軍の基地があるから日本が狙われると言います。 もし日本から米軍が撤退したらどうなるでしょうか。 シナによる領海、領空侵犯が激しくなり、尖閣は不法占拠される恐れがあります。 対処法は決まっています。 「うたせないための抑止力として報復できる力をもつべきである。」  つまりは、核武装、憲法改正、自衛隊を国軍に、ということになります。 備えることは重要です。

国民保護法 ・・・正式には、 「武力攻撃事態等における国民の保護のための措置に関する法律」

武力攻撃事態等において、武力攻撃から国民の生命、身体及び財産を保護し、国民生活等に及ぼす影響を最小にするための、国、地方公共団体等の責務、避難・救援・武力攻撃災害への対処等の措置が規定されています。