甲陽物流社長のブログ 同期の桜

ブログ記事検索

ブログトップ > 天気予報

天気予報

天気予報で梅雨明けしたようです、と言っていました。 遅かれ早かれ明けるのだから、どうでもよい話です。 天気予報と言えば、中国は尖閣諸島を福建省の一部と位置づけ天気予報まで行っています。尖閣の実行支配の既成事実を作ろうとしているのです。 日本も他国に不法占拠されている島々の天気予報を行うべきです。 気象庁は能天気です。

昨年度、空自のスクランブル発進は、1168回(前年比 295回増)と過去最高であり、中国機に対する発信が 851回(前年比 280回増)で、7割を占めている。 増加したのは、ほぼ中国機である。 また中国公船が毎日のように日本の領海外側の接続水域を航行しています。

海からも、空からもやられっぱなしです。 国内では、元シナ人が政党党首までやっています。

大丈夫でしょうか。