• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ

ホーム > ブログ テーマ「教育」 > 2014年9月一覧

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

印象に残った言葉

先日第三回目の易経の講座を受講しました。そのなかで、「なんじの霊亀を舎て、我を観て、頤をたる、凶なり」の言葉に大変力がこもった印象を受けました。世の中、なんとこれができない人が多いことか!!だから、どんなにいい言葉を勉強しても無駄になるんだと・・・。ーー: 人間は一人ひとりの中に霊亀(れいき)をもっており、霊亀とはとんでもない価値のあるもの、神器といってもいいものだそうです。我を観てとは、とてつもなく恵まれた人と例えるといい。頤(おとがい)をたるとは、ほしくてほしくてよだれがたれるほどほしいという意味。凶なりとは、一生をふいにするよ。と解釈するとわかりやすいです。先生があまりにも真剣に時間をとって、説明されたんで、怖くなるくらい印象的でした。教訓にしたい言葉です。


今が旬の栗は、胃腸を温め、消化機能を助ける働きがあります。滋養強壮効果があり、大病をしたあとや、胃腸の弱い人にも適しています。疲れや足腰のだるさを解消する働きもあります。我が家は、栗ごはん・焼き栗にして楽しんでいます^^。焼き黒はおすすめ♪、みなさんもぜひ旬を楽しんでください!!


作業中

image.jpgただいま、ラップを巻いて荷崩れ防止をおこなっています。フォークリフトバック走行ヨシ!!周囲の状況を確認し、指差呼称ヨシ!! 本日もちあきさん、ありがとう^^

よき習慣を身に着け、一人ひとりが一隅を照らしていけば、いい会社になるね。


苦しみを楽しむ

険の時用大いなる哉 (坎為水)

坎為水の「坎」「水」は険難・苦難を表します。壮絶な険難が度重なる時である。険難という時は用い難いが、あえて用いて学ぶことを「時用」といいます。これは人生において絶大な効用があると教えています。孔子は「論語」の中で「知者は水を楽しむ」と説いています。「苦しみを楽しむ」など非常なる苦しみの渦中にあっては考えられないが、逃げずに乗り越えた後に振り返れば、あの苦難は大いなる時であったとさえ思える、と易経はいっております。一難去ってまた一難、はじめての苦労が一番きついものです。信念をもって貫いていきたい。

 


ページの先頭へ