• 物流でお困りごとございますか?
  • 社長ブログ「同期の桜」
  • ブログ テーマ「教育」
  • ブログ テーマ「輸送・配送」
  • ブログ テーマ「倉庫管理」
  • 会社概要
  • 採用情報
  • スタッフ紹介
  • お問い合わせ
  • 倉庫空き情報ブログ

ホーム > ブログ テーマ「教育」 > ツメ

ブログ テーマ「教育」

  • ブログトップへ
  • 月別記事一覧
  • このブログについて

ツメ

東洋医学ではツメを「筋余(きんよ)」といいます。「筋の余り」、つまり、筋が変化してツメになったと考えるのです。ツメの生え際を、反対側の手の親指と人差し指でつまんで、ギュッと刺激します。2~3分で血行を促せるんです。ツメ揉みは、指ごとに効果的な症状が・・・親指は、せきや円形脱毛症など、人差し指は胃痛、胃潰瘍、下痢など、中指は耳鳴り、難聴など、小指は不眠症、高血圧症、口内炎などによいとされます。1ヵ所10秒ほど揉めばいいそうです。手先は気の出入り口です。自律神経のバランスが回復して、抑制状態にある副交感神経を活性化し、高ぶっている交感神経を鎮めて、肩こり、冷え性、便秘など、さまざまな体の不調を改善したいですね。


ページの先頭へ